ロボットは泣かない

探しものはいつもいつも見つからない。

徐々に学生時代の生活リズムへ

スポンサーリンク

こんばんは。もうじき始まる職業訓練に備えて、1週間ほど前から早寝早起きの練習をしている杏那です。

ニートでも8時くらいには起きてるので、そんなに不規則な生活ではないと自負していますが、2時間近く早寝はちょっぴりしんどいです。

でも練習の甲斐あって、今は目覚ましのセット時刻よりも少し前早くに目が覚めるようになりました。大体5時50分くらいが多いです。

 

 

なぜ5時台に起きるのか

やむを得ない事情があります

答えは単純、電車の便が少ないからです。7時台のに乗らないと訓練開始時間に間に合わないんですよw

次の便だと遅刻になるので仕方ないですが。9時半からの訓練なのに家を出るの7時過ぎってorz

最寄駅から訓練校まではおそらく徒歩15分かからないと思います。8時前に駅に着いて1時間以上も何するの?って感じです。

 

そう、私はニートです

お金は大事だよ〜というわけで。お弁当を作る時間が必要なんです。買ってる場合ではないんです。

朝ごはんを食べてメイクをするくらいなら6時半に起きたって構わないんですよ。ただそれは今の私には許されないことorz

使うときは使うけど、基本はケチであらねば!

 

 

高校時代はお年寄りの生活リズム

私の高校生のときの生活スタイルは21〜22時に就寝、5時起床というおばあちゃんスタイルでした。

なぜそのような生活を送っていたのか。理由はいくつかあるので箇条書きにします。

  • 始発で学校へ通うため。次の便だと人が一番多くて満員だしストレス大、3つ目の便だと遅刻。
  • 友達とダラダラと話すのが嫌、1人でぼーっと登校したい。
  • 親が勉強しろ勉強しろと口うるさいから関わる時間を減らしたかった。勉強なんて当然しないので、その分睡眠学習していると言い張っていた。
  • 単純に眠たくなる時間に寝ていただけ。テレビも積極的に見ないし、ドラマなど友人との会話で話題に上がったりするが一切興味なかったのでフル無視。別にそれでも困らなかった。

この生活だと当然遅刻はゼロ。生活スタイルについての注意など受けるわけがない。図らずも非常に優秀な高校生だったんです。

ちなみに学校へは一番乗りでした!時々鍵が開いてないこともあったな〜懐かしい(笑)

 

 

もうすぐ今の生活ともさよなら

実家に帰ってきて3ヶ月、ダラけた生活を送ってきました。普段の行動は、お昼寝したりブログ書いたりピアノ弾いたり。あとは読書したり文字を書いたり…。

ニートは暇で飽きるよって話を聞いてたんですが、全然そんなことなかったです。焦りも不安も全くありませんでした。まだこのままの生活を送っていきたいのが本心です。

でもそうも言ってられないですからね、うん。適度に頑張らねば!

 

それではそろそろ寝る準備をします。おやすみなさい。