ロボットは泣かない

探しものはいつもいつも見つからない。

ぬいぐるみを洗濯しよう

スポンサーリンク

皆さんはぬいぐるみ好きですか?

私は性別関係なく何歳でも可愛いものを愛でる心って大切だと思うんです。単純に癒されるますし♡

ですが、悲しいことに中にはぬいぐるみ好きをバカにしたり否定したりする方もいます。ホコリもつくしダニもいるでしょっていう意見もあると思います。まぁ確かにダニの温床ということは否定できない…。でもそれはちゃんとお手入れしてあげればいいだけのこと!

かといって洗濯機を使うのは型崩れなどの心配が…。大切なぬいぐるみだからこそお手入れも慎重に行いたい!それなら手洗いするのが一番です!

ちなみにぬいぐるみを洗濯することはお風呂に入れると言います。ぬいぐるみ好きの間では結構メジャーな言い方みたいですよ(笑)

 

さてお風呂に入るのは、私が唯一持っているダッフィーのぬいぐるみです♡サイズはちょうど赤ちゃんくらい。名前ももちろんあります。でも友人に「センスwww」と笑われたのでここでは控えさせていただきます(><)

余談ですが、ちゃんと私が名付けてあるのに母は「こぐま」、父は「くま公」と好き勝手呼んでいます。

 

 

ではさっそく始めましょう!

まず確認すること

洗濯可能かどうかです!取り扱い絵表示があるものはそれに従ってください。ダッフィーにはついてませんが、先人たちがお風呂に入れて大丈夫だと証明されているので私も挑戦しました。

 

 

洗濯は避けた方がいいもの

  • 人工皮革を使用したもの、あるいは部分的にでも革を使っているぬいぐるみ
  • 中綿素材がポリエステル・ビーズ・パイプ以外のもの
  • 機械が埋め込んであるもの
  • 大きすぎるもの
  • 水で色落ちする素材を使用したもの
  • アンティークもの

大体これくらいですかね?これらのものはプロにお任せした方がいいそうです。

 

 

用意するもの

  • 中性洗剤(できればお洒落着洗いのもので)
  • 柔軟剤
  • バスタオル
  • 洗濯用ネット
  • バケツ(なくても可)

 

 

洗濯の手順

①ぬるま湯に洗剤を入れて洗濯液を作る。私は「ボールド」を使用しました。そして今回のお風呂は足湯用のバケツです。

f:id:kaputtan:20170727091541j:image

一人暮らししてたときは洗面所でお風呂に入れてました。このリラックスした姿…ぎゃんかわ♡

f:id:kaputtan:20170727091749j:image

 

②洗濯液に入れてあげて、優しくモミモミしながらゆっくりと全身を押し洗いしていきます。(顔を押すのは少し心苦しいです…。すまん。)

f:id:kaputtan:20170727091901j:image

 

③押し洗いした後はきれいな水でよくすすぎます。綿から洗剤が抜けきるようにぬるま湯でしっかりと洗います。これが一番大変な作業ですね。水を替えて3回以上行うのが望ましいです

 

④ぬいぐるみの水気を切り、新しく溜めたお湯に少量の柔軟剤を溶かして全身浴させます。5分くらいで大丈夫なはず。ある程度時間が経ったら湯を捨てて、また水気を切っておきます。

f:id:kaputtan:20170727091510p:image

ここまでくるとダッフィーもぐったりです…。

 

⑤バスタオルでぬいぐるみをしっかりと包んで洗濯ネットに入れ、1分間ほど洗濯機で脱水します。(バスタオルに水分が移り乾きやすくなるのと目とかにキズが入らないようにするため。)取り出したときにお風呂に入れる前と同じくらいの軽さになってたらOKです。

 

⑥(必要であれば)干す前に軽くブラッシングします。歯ブラシでもヘアブラシでもいいですが柔らかめのものがいいです。別にこの作業はしなくてもいいと思います(笑)

 

⑦最初は日当たりが良いところに干してもいいですが、日焼けしてしまうので長時間はおすすめしません。基本的には風通りの良いところに陰干しして乾燥させます。中の綿までしっかり乾燥させないとカビの原因なるので注意です。

f:id:kaputtan:20170727091810j:image

今の時期なら早く乾くかもしれませんが、できたら一日以上は乾燥させた方がいいですね。冬なら2、3日くらいかかるかもしれません。

 

おまけ(笑)

f:id:kaputtan:20170727091019j:image

 うちのダッフィーは衣装持ちです^^

 

 

 

 

ダッフィーはもちろん、他のぬいぐるみを持ってる方はぜひお風呂に入れてあげてみてはどうでしょう♪

ぬいぐるみの表情も心なしかシャキッとするかも♡