ロボットは泣かない

ほやほやニートです。あっちにふらふらこっちにふらふら。

365日過ごした場所

いよいよ引っ越しだと胸を躍らせてしまった影響か一睡もできず朝を迎えました、24歳です。徹夜なんて社会人になってから出来なくなっていたのに驚きました。

 

朝の5時からヨーグルトとチョコレートで簡単な朝ごはんを済ませ、4日ぶりにメイクをしました。すっぴんで3日間過ごしたせいか完成形に違和感を感じてしまう有り様。鏡をじーっと凝視してやっと眉毛を書き忘れたことに気づき慌てて書き足しました。早くも働いていたときの感覚を忘れた模様。ニートが早くも板についてきたのでしょうか。私の順応性の高さに乾杯です。

 

 

そして6時頃、氏神様へご挨拶に参りました。丁度1年前の2016年7月4日、私は今の土地に引っ越して来ました。「〇〇から引っ越して来ました杏那です。よろしくお願い致します。」と ご挨拶したときと同じように、「本日の午後から今の部屋を出ることになりました。1年間お守り頂きましてありがとうございました。」と心の中で感謝を伝えました。

ご挨拶を終えて鳥居を出たら、一年前と全く同じ天気、気温、景色が広がってて少し感動しました。季節が同じだから当たり前と言えばそうなのですが、一年前に感じた体感が再現されたみたいでした。ただの予感ですが、無事に引っ越しは終わることができると思います。

 

 

部屋に帰ってからは仕上げの荷造りと掃除をして床にゴロンと転がってみました。そのまま少しだけ歌を歌ってみて、部屋の音の響きを確かめてみたり。曲は倉木麻衣さんの『渡月橋〜君想う〜』です。(大好き♡)倉木麻衣 渡月橋〜君想ふ〜 - YouTube

今の部屋に入居したときもひと通りの場所を確認して、荷物が届くまで寝転がって歌を歌ってました。確かその時は鈴木愛理ちゃん(元°C-ute)ソロ曲の『残暑お見舞い申し上げます』だったはず。[OPV] 鈴木愛理(℃-ute) - 「残暑お見舞い申し上げます。」 - YouTube

荷物が何もないせいか音が凄く響いて、おおーすごい響いてる!響いたら私の声ってこんな感じなんだーって地味な感動がありました。

思ってたよりも一年前のことを覚えている自分がいて衝撃ですね。この土地に来たこともきっと何か意味があったんでしょう。じゃないと次々と物を忘れていく私が記憶しているわけがない(..)

 

 

あと数時間でこの部屋を出て、新幹線に乗り実家に向かいます。一年前は新幹線で涙を流した私ですが、きっと今日の私は泣かないでしょう。