ロボットは泣かない

探しものはいつもいつも見つからない。

最終出勤

スポンサーリンク

6月28日、ついに最終出勤を終えました。ようやく自分の人生にひとつ区切りをつけることができたなと思います。

 

最後の1日

いつもなら15分前出勤ですが、今日は1時間前に出勤しました。ほとんど新人ばかりのシフトの組み方で忙しかったらお店が回らない感じだったので。実際はそんなに心配するほどの忙しさではなかったのでよかったのですが。

辞めると決める前の私なら、そんなシフトでもきっといつも通りに出勤していたと思います。ですが今日は「みんな大変じゃないかな?」という思いがあったので早く出勤すると行動を起こせました。

そう思えたのは、きっと職場の方々がこれまでと変わらず私に接してくださったからだと思います。これから繁忙期って時に辞めるし、私は元々めちゃくちゃいい人というわけでもないし、感情がかなり表に出るし。そう考えると(上司以外は)人間的には私よりかなり優れている方ばかりで恵まれてたのかもしれません。ここにきて感謝の気持ちが持てたことに自分でも驚きです。

 

 

お花もいただきました

あと、更に驚いたのがお店にお花が届いたことです。近隣の店舗の方々が送ってくださいました。一度も一緒に働いたことはないし、何度か飲み会で一緒に飲んだっていうだけなのにこんなによくしてもらっていいのかなって思いました。嬉しくて写真撮っちゃいました!

f:id:kaputtan:20170903114525j:image

お花が大好きなので本当に本当に嬉しかったです。今、お部屋に飾っています。

不満があって辞めるわけですが、奨学金を短期間で返すことが出来たのも家賃の補助を会社がしてくれたからだし、もっと大きくいえば働かせてもらったから2年間は自力で生活ができました。それは間違いないことなのでやはりありがとうございました、と言うのが正しいような気がします。

 

 

ほっと一息

とにかく無事に仕事を終えることができて本当に安心しました。明日から7月末まで有給消化に入るので厳密にはまだニートではありませんが、ニート生活楽しもうと思います。

そんなこんなで今1人でお酒飲んで、ひとりお疲れ様会してます。2年間お疲れ、私。