ロボットは泣かない

ほやほやニートです。あっちにふらふらこっちにふらふら。

笑顔の仮面をかぶって

こんばんは。

休みの日の時間というのは本当にあっという間に過ぎていきますね…。

お風呂上りにベランダでヤクルト飲みながら一服してたら切なくなりました。

 

明日からまた心を殺して仕事をしなければならないと思うとつくづく嫌気がさします。

元来感情が表に出やすい性分でして、接客業に向いているとは言えない私ですがここ半年は職場の人間関係にも陰りが見え始め、ますます仕事を辞めたい気持ちが強くなってしまっている状態です。(ただでさえ客にアホみたいに傅かにゃならんのに、上司にも気を遣えって何の罰ゲームだよ!)

 

今の会社に入ったのは奨学金を返すため。

その目的も去年で達成した今、働く意味を見いだせない。転職したい。でもやりたい仕事もできる仕事もない。

とりあえず一度実家に帰って、今度は転勤のない事務メインの仕事がいいなと考えましたがそれも消去法での選択で…。

 

「そもそも実家に帰れば親に甘えてダメになる。今の私はどこへ行っても同じようなことにしかならない。私に向いている職業なんかない。今の職場で、心を磨く修行だと思って今年いっぱいは頑張りなさい。」

そう先生に言われ、辞めるという選択肢が失われた日からいかに心を殺すかを考えて毎日を過ごしています。

上司のパワハラを訴えるための証拠集めという目的すら消え失せた今、新たに職を探す気力も、職場に通い続ける気力もない。

どの方向に向かえばいいのか全くわからなくなってしまいました。

その結果24歳の発言とは思えない言葉を親に吐き捨て、悲しませてしまった。

申し訳ないとは思うけど訂正するつもりもない。

親とのやりとりの詳細は気が向いたら書くかもしれません。(需要はないだろうけど。)

 

そんなこんなで顔がお岩さんになるほど泣き続け、こんな思いしてまで生きなくちゃならないなら感情をなくしたいという思いだけが残りました。

 

そしてブログのタイトルが『ロボットは泣かない』になったわけです。

どさくさに紛れて由来を語ってみました。

 

明日からまた笑顔を張り付けて過ごします。

では、平井堅さんの『告白』を聴きながら眠りにつく準備をしたいと思います。

明日の自分へ言い聞かせます。

よかったら検索して聴いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

にしても、文字を打つことしかできない自分に苦笑いです。

もっとデザインとか変えたり画像入れてみたり、URLとかで色々紹介とかできるようになりたいなー。そしていずれはお小遣い稼ぎとかもできるようになりたいです。(遥かな夢ですが。)