ロボットは泣かない

探しものはいつもいつも見つからない。

私が神様を写真に収めた話

スポンサーリンク

こんにちは。いい天気ですね。GWも後残りわずかですが、少しずつ憂鬱な気分になっている方もいるのでしょうか?

サービス業従事者(俗にいう奴隷)である私には縁のない感情かと思いきや、本日だけ謎の休みでモチベーションが迷子で困っています…。

特に予定もないのでいつも通りに部屋の掃除を午前中に済ませ、YoutubeでハロプロのLIVEを見たり、布団の中で瞑想したりしてのんびりしています。

そして3時の抹茶タイムを経たのでブログを更新してみようと思い立ったわけです、はい。今日はパソコンで更新しているんですが、やはり勝手がわからない。でもなんとなく文字おっきくしたりはできそう!←

 

 

はじめに

本題に移る前に説明しておくと、私はスピリチュアルな世界、存在に関して肯定派です。そういった力がある方ともご縁があり10年以上お世話になっています。(宗教じゃないよ!私がやらかした時や悩んだ時などに相談に乗っていただくだけです。)

そこで色々と教えていただいたことも書いてみたいなと考えています。中には「こいつ頭大丈夫かよ、騙されてるんじゃねえの?」と思う方もいるかもしれませんが、あくまでもそういう世界のことについて理解を強要するつもりはありませんので、ふーんってな感じで読んでいただければ幸いです。

それではタイトルの内容へ!

 

 

 

 

神様を撮ってしまった

それは2年程前に友人と京都旅行に行き、伏見稲荷大社へお参りさせていただいたときのことでした。午前7時半頃だったかな?

手を清め参拝し、おみくじを引き、御朱印をいただき、深い満足感に包まれたときにふと本殿の写真を撮ってみたんです。空も綺麗で本殿が日の光ですごく神々しく思えた故の行動でした。撮った写真をすぐ確認したときは何の変哲もな普通の写真でした。

 が!バスの中で再度写真を見たとき、写真にグレーのカーブ線が!!!!!驚いて友人に「ちょっと見てこれ!!!!!」と携帯を差し出すと「なにこのライン。」と冷めた返事(゜゜)

私はテンションが上がって「最初こんなのなかった!神様だったらやばいよね!」と大盛り上がりでした(苦笑)

 

家に帰って親に話をすると、先生(上記のそういう力を持った方)に聞いてみたら?と言われたので、相談してみた結果…

本当に神様だった!(驚愕)

どうやら本殿の中に神様が入る瞬間をたまたま私が写真に撮ってしまったそうです。本来、神社やお寺で写真を撮ることは良くないとのこと、写真は消去しなさい、とのこと。もちろんその場で速攻消しましたよ。

知らなかったのはしょうがないからちゃんと謝って、写真を消すだけで大丈夫だと言われて一安心でした。京都旅行中に神社のあちこちで写真を撮りまくってしまったことを猛省しました。(だが神様が写った写真以外は消してない←)

そういうわけでその写真をアップすることはできませんが、こういう体験がありましたというお話でした。

   

今は外国の方が遊びにいらっしゃることが増えて、神社などで自撮り棒を使って撮影をされる光景をよく見かけます。もちろん外国の方だけではありませんけどね。

このブログを読んでくださった方の中で今後神社へお参りする機会があったときには、「どこかのブロガーが神社とかで写真撮るのは好ましくないって言ってたな。」と思い出してみてください!あ、別に写真を撮る人を否定したいわけではないので悪しからず。個人の自由なので!

でも私はもう二度と神社やお寺で写真は撮りません(笑)